Ghetto

生と死(自殺問題を含め)について勉強し、生きづらさを解決や緩和させることを主な目的にしています

Ghetto

知性と社会不適応

東京大学京都大学早稲田大学で人文系の教育を受けた場合、若年層で障害年金を受給したり、ホームレスになったりする人が意外と多いという話を聞いたことがあります。

現実ですこし交流のあった人にも、その事例に近い人はいました。

その人は女性で、早稲田大学のある学部を優秀な成績で卒業しています。

果たして、彼女は事務処理能力をはじめ人間的な基本性能が素晴らしかったけれど、精神疾患を理由にしばらく障害年金を受給していました。

けれど、自分には品行方正な大人の女性にしか見えませんでした。

おそらく知的に洗練され過ぎていると、自己と社会との間に横たわる溝を適当に埋めづらくなって、それが軋轢となってしまう場合もあるのかもしれません。

もっとも、自分の場合は明らかに凡人なので、そうした心の仕組みがどのようになっているのかまではよく分かりませんが。

© 2022 Ghetto