Ghetto

生と死(自殺問題を含め)について勉強し、生きづらさを解決や緩和させることを主な目的にしています

Ghetto

自殺問題と湿度

f:id:ydet:20191008163451j:plain

前回湘南地区の場合、湿度がかなり低いという話をしました。

そこで、今回は湿度と自殺問題の話が中心です。

基本的に日本は高温多湿ですけど、比較的東京圏は湿度が低く、乾燥しているので過ごしやすいと思います。

ちなみに東京の場合も湿度はけっこう低いですけど、場所によってパラつきがあります。

湿度の高さと自殺率は、必ずしも相関しているわけではありません。

ただし、湿度の高い県のほうが自殺率が高い傾向があるのも事実です。たとえば自殺率の高い東北の場合全体的に湿度が高くなっていますので。

これには、湿度の高いほうが真夏でも真冬でも、実際の気温よりも厳しく感じられるから、その分精神状態が不安定になってしまいやすいことも関係しているのではないでしょうか。

こうした気候因子から考えると、たとえば地方で生きづらさを抱えている場合、とくに湿度の低い湘南地区で暮らすことを検討してみるのもいい。

© 2022 Ghetto