Ghetto

生と死(自殺問題を含め)について勉強し、生きづらさを解決や緩和させることを主な目的にしています

Ghetto

リンク事情

f:id:ydet:20190927233329j:plain

前回の流れで、自殺系サイトのリンク*1事情について説明します。

もともと、自殺系サイトの多くは自殺防止を目的にしています。

で、その場合、当然ながら自殺相手の募集や自殺行為の推奨を禁止しています。

ただし、そうではないサイトもすこしはあります。

後者のほうは人々の好奇心を刺激し、アクセスが集中する傾向があります。

思い起こせば、多数派のサイトもそうした方針ではない少数派のサイトとも相互リンクしている場合も以前はときどきありました。

これにはとくにコミュニティの場合、ある程度人が集まらないと場所として成立しにくいという事情が関係しています。

さらにいうと、昔からこの界隈には鶴見済さんの本『完全自殺マニュアル』で読者へのメッセージになっていると考えられる、『いつでも死ねることを意識することで逆に生きやすくなることもある』といった文脈の価値観がある程度普及していたことも関係しています。

やや極端にも考えられるかもしれませんが、そういう考え方によって逆に生きづらさが緩和されることがあります。ちなみに筆者がそうでしたから。

この界隈にはそうした事情があります。

だから、過去にはじめのほうで説明したことを禁止してはいないところにリンクしたり微妙なテキストを設置したりしていても、いまもそういうことをしていなければ本格的に問題視されることはないでしょう。

さきほどの問題があって、すでに閉鎖したところへのリンクがそのままになっている場合も同様です。

そういえば個人運営のサイトの管理作業の場合も、コンディションがいまいちだと何をやっているのかわからなくなったりうっかりミスをしたりすることも時にはあるはずです。

そうした場合、指摘される前にさっさと事情を説明したり軌道修正したりすれば本格的に問題になることはまずありません。


参考エントリー

情報と精神状態 - Ghetto

OKAZAKI.gr.jpの自殺ページ - Ghetto

*1:こちらで説明する『自殺系サイト』は多くの場合、生きづらさを解決や緩和させることを目的としています。これをわかりやすく言い換えると『自殺防止』です

© 2022 Ghetto