Ghetto

生と死(自殺問題を含め)について勉強し、生きづらさを解決や緩和させることを主な目的にしています

Ghetto

14周年

いま、僕がこう感じているのは、現実とネットの世界では情報の様式が異なることが関係(ネットの世界は情報が圧縮されている)し、時の質と流れが二分化されているからでしょう。

しかし、人によってその割合は異なるものの、二つの時間の中を生きるということは、けっこう幸せなことでもあると僕は思っています。

なぜかというと、多少忙しくともシンプルに自分が幸福を感じる時間のほうの割合を増やせすことで、人生の幸福度も上げることができるからです。

いま、こうしてデバイスのディスプレイに向かって文書を書いている間もGhettoを作ったときと同じように穏やかな時間が流れています。

f:id:ydet:20180928153511j:plain

© 2022 Ghetto