Ghetto

生と死(自殺問題を含め)について勉強し、生きづらさを解決や緩和させることを主な目的にしています

Ghetto

若者の自殺問題

今回は、日本の若者の自殺問題についてです。

1998年以降、日本の自殺者は14年連続で3万人を超えていましたが、2012年からは3年連続で3万人を下回るようになり、年間の自殺者は全体的に減少傾向にあります。

しかし、若者の自殺問題は極めて深刻で、15〜39歳の死亡原因のトップは自殺ですけど、これは先進国では考えられない異常な現象です。

あまつさえ、G7で15〜34歳の死因の一位が自殺になっているのは、日本以外にはないということからも、日本の若者の自殺問題の深刻さがわかります。

世界保健機関(WHO)の最新の資料によると日本の若者の自殺率は、アメリカやカナダやフランスの約2倍で、ドイツやイギリスの約3倍で、イタリアの4倍です。このことからも、日本の若者の自殺問題の異常さと深刻さがわかります。

また、日本では選挙の際も、年金世代の有権者の比率が多く、若い世代の投票率が上がったとしても、若い世代の意見が社会に反映されにくい構図になっていることも、若者の自殺問題の原因になっているのではないでしょうか。

© 2022 Ghetto