Ghetto

生と死(自殺問題を含め)について勉強し、生きづらさを解決や緩和させることを主な目的にしています

Ghetto

生と死

処世術

今回は自殺系サイト*1を利用するとき注意したほうがいいことを紹介します。 もし、ひんぱんに後述するようなことがあった場合は気をつけてください。 まず、自殺系サイトを利用するときに注意が必要な場合を紹介します。 リストにすると、次のようになります…

自殺願望者のケア

しばらく統計上の自殺者数は減少傾向にあります。 しかし、穿った見方をするとこれは自殺者になるくらい絶望感を抱えている状態で生きている人が増加していると考えることもできませんか。 そうしたなか、先程のひとたちを狙い、危険なことに利用しようとす…

サイトポリシー

Ghettoへようこそ。 管理人のたまごん(以下管理人)です。 こちらはミニマリズムや人文系の話題を扱うブログサイトです。 さて、こちらでは生と死(自殺問題を含め)について勉強をすることがあります。 その目的は生きづらさを解決や緩和させたり、より深…

社会の同質性と自殺問題

今回は、前回の記事の流れで書いています。 具体的には、社会の同質性と自殺問題についてです。 未成年の自殺 社会の同質性と自殺問題 野外フェスは十五歳の少年を救済するのか 未成年の自殺 日本では、近年統計上の自殺者が減少傾向にあります。 ちなみに近…

書籍『荒野へ』

今回は『荒野へ』という本の紹介です。 荒野へ アラスカの話 クリストファー・マッカンドレスの軌跡と心理 荒野へ 荒野へとは1992年の夏、アラスカの荒野の針葉樹林に放置されていたバスの車内で亡くなっていた、永遠の旅人クリストファー・マッカンドレスの…

書籍『夏の滴』

Ghettoは、今年で13年目を迎え、ブログも書きはじめてから長い年月が経ちました。この辺りで集大成となるような記事を書こうと考えていましたけど、今回の記事がそうです。 僕自身は、鬱病傾向も関係していますけど、相変わらずスッゴいわがままで気まぐれで…

日本の自殺者の実数

今回は、日本の自殺者に関する話です。 自殺者の不可解な計算方法 自殺の認定と統計に関する問題 日本の自殺者の実数 自殺者の不可解な計算方法 近年、ネット上を中心にWHO(世界保健機関)の基準では、変死者数(約15万人)の半数(約7万5千人)を自殺者数…

鶴見済さんの本

今回は鶴見済さんの『完全自殺マニュアル』とその関連書籍を、表現の自由に基づいて紹介します。 その目的はそうした本について勉強をし、生きづらさを解決や緩和させたり、より深い生き方を模索したりすることです。なので自殺を助長する意図はありません。…

若者の自殺問題

今回は、日本の若者の自殺問題についてです。 1998年以降、日本の自殺者は14年連続で3万人を超えていましたが、2012年からは3年連続で3万人を下回るようになり、年間の自殺者は全体的に減少傾向にあります。 しかし、若者の自殺問題は極めて深刻で、15〜39歳…

光明

今回はClub Sui-Cideという、2000年代にヒットした自殺系サイトのリンク集と自殺系サイト*1の話をします。 Club Sui-Cideとは 跡地という考え方 自殺系サイトの管理人 閑話 光明 Club Sui-Cideとは まずClub Sui-Cideという自殺系サイトのリンク集の説明をし…

寝太郎ブログ

今回は寝太郎さんの話題です。 寝太郎さんのブログに端を発し、ミニマリズムによる文化比較論や人生観にも言及しています。 寝太郎ブログ 寝太郎バッシング ミニマリズムと統治システム ミニマリズムと文化拘束性 ミニマリズムへの誤解 ミニマリズムと人生観…

© 2022 Ghetto