Ghetto

生と死(自殺問題を含め)について勉強し、生きづらさを解決や緩和させることを主な目的にしています

Ghetto

ライフスタイル

湘南での日常

おはようございます。たまごんです。 いまは遠方にいますが、しばらく湘南地区の自然に恵まれた田舎のほうで暮らしていました。 今回は、そちらでの日常について話をしてみます。 さて、その町を知ったきっかけは10年近く前でしょうか。たまたま訪れる機会が…

高円寺の話

今週のお題「好きな街」 今回は好きな街の一つ、高円寺の話です。 時々湘南地区の話もしているけれど、規模の大きなところはどこも甲乙つけ難いし、いま住んでいるところも好きです。 なので、東京の高円寺の話をしてみます。 ただし、前回も説明したように…

不適応者の居場所

このところ暖かくなってきましたね。 気候が温暖になってくると、屋外でのイベントへ行く機会が増えてきます。 そこで今回は、都内の公園で行われている不適応者の居場所というイベントのガイドをします。 ちなみに不適応者の居場所とは、『完全自殺マニュア…

デジタルもいいけどアナログもいい

今年になって、以前よりライフスタイルがデジタル化してきました。 もともと、ネットの世界にきたのは2000年代初めでした。だからこそ、同世代のなかではやや早いほうだと思います。 SNSで活躍されている大半のインフルエンサーよりも長いはずです。ただし、…

近況

近いうち、湘南地区の各所のガイドをすると説明していました。 ところが、しばらく曇りの日が多くなっていたので、その代わりにいくつか記事をアップしておきました。 が、かなり雑で短時間で仕上げたため、そちらは濾過された無害な水の如く淡い内容になり…

アウトプットによる思考整理

今回は、自分の思考整理のための独り言です。 アウトプットしないで考えごとをしていると、テキトーにページを捲りながら読書しているときのように集中できないことも多いです。 一方、活字にしていくと短時間で合理的な判断がしやすいので必要なときはこれ…

近況

こちらは近況です。 さて、いまの自分はやや夜型です。 もっとも、本来の自分は明るめで湿度が低く、適度に風のある環境が好きなんです。 ざっくりいうとカラッとしたところです。 そういえば、いつのまにか暖かくなってきたけど、僕の心にも春が訪れるとい…

ひきこもり向けの話法

前回の記事にすこし関係した内容です。 さて、ひきこもり気味の人の場合、とくに遠方に行ったときの画像をSNSにアップすると、『なんだかやけに元気そうですね』といった人によっては少々意地が悪いとも感じられる指摘をされたという話を聞いたことがありま…

都心の思い出

今回は、昔都心にいたときの話をしてみます。 さて、自分は都心へは学生の頃からある程度定期的に滞在していました。 ちなみに新宿(歌舞伎町まで歩いていけるような場所だった)にいることが多く、時々他のところにいることもありました。 やっぱり若い時は…

心象

前回の続編的内容になります。 文筆業で活躍されている人たちの文章を読んだりすると、そうしたレベルには到底及びそうにないと思います。 教養やボギャブラリーも、自分とは次元が異なると思いますので。 近況 - Ghetto 自分と同等の人ならともかく、ハイス…

近況

私事です。 すこし前から花粉症の症状が関係し、軽いノイローゼ気味です。 その他の体のコンディションは、さほど悪いというわけではありません。 とはいえ、花粉症対策は早めにしておいたほうがよかったな。とほほ。 こちらはさっき説明したことが関係し、…

片田舎暮らしと小旅行

すこし前から定期的に湘南地区のガイドをやっています。 今回はその流れで湘南地区から都心への小旅行についてです。 湘南地区の相模川以西の場合、都心まで行くのに1時間以上(電車なら往復2000円少々)かかります。 それでも、湘南地区の相模川以西なら収…

地方のいいところ

以前東北と日本海側の地方は同調圧力が高く、その意味では生きづらさを感じる可能性があるといったことを説明ました。 なぜ東北型の社会では自殺が多いのか とくに自殺者が多いのは、青森や秋田や岩手といった東北の県です。それから富山や島根といった日本…

神奈川県民のマインド

ネイティブの神奈川県民には釈迦に説法かもしれませんが、今回は神奈川県民のマインドについて説明します。 神奈川県民の性格は爽やかで親切な人が多いです。けっこう慈悲深いとも思います。 だからこそ、地方から移住してくる人にも、そうした神奈川の人の…

躺平主義について

今回はミニマリズムの話です。 ミニマリズ厶について再度ざっくり説明すると、散歩などのささやかなことを生き甲斐にしたり、最小限のお金で暮らしたりすることです。 これは、いまでいう世界的なムーブメントであるFIREのような、個人的な時間を大切にする…

備忘録

久しぶりの更新になりますが、今回はこのサイトと自殺系サイト*1に関する話をします。 とはいえ、特別凝った内容ではなく、以前メモしていた内容の一部をすこしまとめて記事にする程度です。 サイト作成時の話 コミュニティについての考え方 サイト作成時の…

自殺系サイトのリスクが緩和された理由

今回も、フィールドワークでしばらくウォッチしている自殺系サイト*1界隈の話になります。 具体的には、自殺系サイトのリスク関係の話です。 コンテンツの細分化 自殺系サイトのリスクが緩和された理由 コンテンツの細分化 さて、自殺系サイトを長い時間利用…

18周年

今日でGhettoは18年目です。 近頃、ときどき昔の自殺系サイトのことを思い出すことがあります。 とくに界隈の有名サイトによく立ち寄ったり、このサイトを作ったりしたときのことなんかをです。 そういえば、しばらく現実では孤独で立場が不安定でした。 け…

ワンオペのメリット

今回はサイトやSNSなど、近年の個人運営のネットコンテンツについて思ったことをざっと書いてみます。 さて、サイトやSNSの場合、いまはやることが複雑化しています。 ちなみに個人運営の場合、少々おおげさな言い方かもしれませんが、プロジェクトの立案・…

OKAZAKI.gr.jpの自殺ページ

すこし前にネットサーフィンをしていたら、懐かしいサイトに出会いました。 というのは、2000年代にClub Sui-Cideとともに、自殺系サイトのリンク集としても台頭していた『OKAZAKI.gr.jpの自殺ページ』を見かけたからです。 参考サイト:OKAZAKI.gr.jpの自殺…

マナーと良心

今回は、前回のエントリーに東京暮らしの例え話として書こうと思ったことについてです。 どういうことかというと、近年地方から上京する知人が増えています。 そこで、上京した知人たちに了解を得てその人たちの話(もちろん個人的すぎる情報は伏せて)をす…

北海道の話

前回説明したようにいまは季節柄北海道を連想しやすいことから、今回は北海道の話をします。 北海道の話 北海道の住宅事情 雪の記憶 北海道の話 すこし前に都市が繁栄する条件を用い、なぜ東京圏の人口が急増したのかを説明しました。 都市が繁栄する条件 ①…

情報と精神状態

精神状態がやや思わしくありません。 これには事情がありますが、詳しいことは後述します。 精神状態 客観的視点 固執が生じやすくなる条件 思考の轍 緩和策 精神状態 端的に言うとガスライティングではないと思います。 けれども、とくに近年は日常の細かい…

リボ払い問題

前回、借金と処世術について話をしました。 今回も、前回の話に関係した内容になります。 さて、ほしい物がある場合にリボ払いに手を染めることも、借金の入り口になりやすいので極力控えるべきです。 これは重要なことですが、なぜなら借金をするための思考…

借金と処世術

相変わらず、コロナ渦の影響でまだ緊急事態宣言が発令されているところもあります。 こうした社会情勢が長引けば、借金を検討する人も増えることでしょう。 そこで、今回は借金と処世術について語ります。 借金と処世術 サラ金の多重債務者の脳機能 サラ金の…

テレワークと脳機能

2020年4月7日、新型コロナウイルス対策のため、東京・神奈川・埼玉・千葉・福岡・兵庫の7都府県に最初の緊急事態宣言が行われました。 その時期から首都圏を中心にテレワークが普及しましたが、業務内容のほとんどがテレワークにシフトする人は今後も増える…

読書について

前回のエントリーを読んでいて、読書について思ったことを中心に語ります。 そういえば、若い頃の筆者も経済的に恵まれていたわけではありません。それでも近年は、ときどき参考書などを読むことで部分的に欠損のあったところを勉強し直すようにしています。…

散歩と追憶

すこし前に夜間の散歩に出ていましたが、今回はその話が中心です。 ちなみに散歩中は、静かに流れている乾いた空気から冬の気配が増しているとも思いました。 散歩と追憶 処世術 エンパシー 自殺の要因 散歩と追憶 ある季節の気配が鮮やかになり、いつしかあ…

人生が気楽になるのは30代半ばから

相変わらず、コロナウイルスが蔓延していて経済や社会への影響も深刻です。 それに輪をかけて、おそらくこの状態はインフルエンザのようにこの先も続く可能性が高いとされています。 加えて、労働の多くをAIが行うようになってきている社会情勢も関係し、将…

17周年

久しぶりの更新になります。 もう10月ですが、今日でGhettoは17周年です。 自殺系サイトの話 日本の自殺問題 しなやかに生きよう 自殺系サイトの話 今日でGhettoは17周年です。 とはいえ、この数年は自殺防止に効果的なサイトをざっくりまとめたいのちの通り…

© 2022 Ghetto